約束のネバーランド第178話はノーマンかレイが鬼を銃で倒す

約束のネバーランド第177話の考察

グレイスフィールドに戻り、シスター達も味方になり、やっとフィルに会えたエマ。フィルはまだ小さすぎて一緒に外に連れ出すことはできなかったけど、やっと迎えにこれて良かったですね。感動の再開場面でした。この数年の間に出荷されていく仲間を見届けなければいけなかったフィルはどんな思いだったでしょうか。とても辛かっただろうけど、よく我慢してエマ達を待ち続けましたね。
鬼の世界でもレウウィス大公が王になって農園廃止を公表したので、やっと農園が終わってクライマックス。と思いきやまだ生きてた鬼がエマを殺そうとするのです。その時にイザベラが前に立ちはだかり。。。次が気になりますね。

約束のネバーランド第177話はノーマンかレイが鬼を銃で倒す?

イザベラがエマの前に立ちはだかり、身代わりとなって鬼の倒される。その隙に、ノーマンかレイが鬼を銃で倒すんじゃないかな。イザベラを助けようとするもののイザベラ自身が「もう助からないわ。私の可愛い子供たちに囲まれて人生終われるなんて幸せ。農園をつぶしてくれてありがとう。」みたいな感動のセリフを言った後に、イザベラの回想シーンに入るのではないでしょうか。レイを身ごもった時にどういう想いだったとか、産んだ時とか。イザベラの優しい部分の回想シーンがあるのかなと思います。